2021年01月24日

木造のDIY防音室の事例

木造の音楽防音室をDIYで大半を施工して、仕上げだけ職人に依頼して費用をかなり抑えた依頼者が居ます。
*通常、専門業者に約6帖の音楽防音室を設計・施工一式を依頼すると300万円程度かかりますが、DIYで大半を行うと、外注の窓を含めても1/3以下で収まる事例が多いです。

依頼者は九州・関西・中部・関東・信州・北陸の方々です。

使用した資材・道具は、私の納品する防音材(アスファルトマット、アスファルトシート、遮音ゴム、制振フェルト、吸音ウール)のほか、金槌・電動ドライバー、カッターナイフ、釘・ビス、木工ボンド、気密テープ、カーペットなどです。
*防音材を除けば、合板を含めてホームセンターで購入できます。

施工説明図・施工要領を定額で納品し、あとはメールでサポートします。

主な楽器は、サックス、エレキギター、トランペット、オーボエ、アップライトピアノ、電子ドラムです。

これらの楽器防音室は、1階でも2階でも可能です。

依頼された件数は、昨年が4件、今年はすでに2件ありました。(2021年1月24日現在)

問合せも大分増えています。やはり、コロナ禍で自宅で過ごして楽しむ空間をDIYで造りたいというリクエストが需要としてあるのだと思います。

DIYで使用可能な防音材は次のページに記載しています。
防音材の納品
posted by 防音職人 at 16:55| Comment(0) | 楽器のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。