2020年05月04日

アップライトピアノのDIY防音

ネット通販で最も多いピアノ防音の既製品は、床の防音製品です。その次がアップライトピアノの背面の防音パネルです。

しかしながら、値段が安くない割に効果が小さいのが床の防音材です。その原因は「比較的低い周波数の固体伝播音の遮音性能不足」です。

既製品の防音カーペットや防振ゴムマットなどは、いずれもメーカーが軽量衝撃音にシフトした仕様で製品化しているためです。
体重の軽い小さな子供の小走り音に効果のある防音カーペットや防音マットを単独で敷いても、ピアノの重量音の軽減には余り効果がないと言えます。

むしろ、専門的な防音室で使用する防音材をDIYで重ねて活用したほうが費用対効果は高いです。効果に応じて追加して重ねることも出来ます。

建物の構造やピアノを設置する間取、近隣との距離など状況に応じて重点的な対策は異なります。

例えば、マンションの場合は最も重要なのは床の防振対策です。窓ではありません。コンクリートで建設されているため、固体音が最も気になる構造だからです。コンクリートや鉄は固体音(振動音など)を瞬時に伝えるので、上下階や隣接住戸に重低音が伝わります。

歳を取ると、高い周波数の音が徐々に聴こえにくくなりますが、高齢になっても「低い周波数の音」はよく聴こえるのです。いったん、重低音が気になると、ほぼ一生、その音からは逃れることは出来ません。
なので、マンションでは床の対策が最も重要になります。

アップライトピアノもグランドピアノも、コンクリート構造の建物では、床の防音対策(主に防振対策)が重要です。床の振動音を遮断できれば、壁に回り込む音も軽減できます。
*参考:ピアノDIY防音


posted by 防音職人 at 11:07| Comment(0) | 楽器のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。