2019年11月29日

鉛シートと制振効果

音楽防音室や壁面の共振を抑えるために遮音制振材を使用することがあります。

その場合、使用しても効果のない防音材が有り、むしろ反射音や固体音が目立つようになり逆効果になります。

その典型例が「鉛のシート」です。

床に敷いても、壁面の石膏ボードや合板に張り付けてもほとんど効果がないだけでなく、木造音楽防音室に使用すると反射音が強くなり音響が大幅に悪化します。

また、マンションのGL工法の壁面や柱・梁型面に鉛シートを張り付けても防音効果はありません。

面密度が高いから制振効果も高いと思い込む、迷信のようなことがひとり歩きしているだけです。

注意しなければならない遮音材なのです。

失敗事例の相談が多く、みなさん予想外の結果に驚かれます。そして、防音工事を失敗すると、解体してやり直すことになり、廃棄処分費用もかかるなど、その損失は大きいです。

では、鉛シートは活用方法がないのかというと、あります。それは防音ドアの様に小さな区画の遮音に使用するものです。
ですが、余りにも重くなるので、蝶番を3か所付けないとドアが緩んできます。
☕🍸
posted by 防音職人 at 08:45| Comment(0) | 防音材の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。