2019年11月15日

床の防音材と透過損失

空気伝播音の遮音性能を周波数ごとに示す指標に透過損失(dB)があります。

この数値が大きいほど遮音性が高いと言えますが、これは固体(床材、躯体)を伝わる音を遮断(軽減)する数値とは異なります。

ある大手防音材メーカーは、これを混同して透過損失が大きいから床の生活騒音を大幅に遮断できると説明していますが、これは間違いです。

たとえば、高比重の遮音材が必ずしも、足音などの固体伝播音を大幅に軽減できないことを見ても明らかです。振動音を吸収したり、瞬時に制振する性能が高くないと効果は少ないのです。

空気音は基本的に高比重で面密度の大きな遮音材が適するのですが、床や壁などを伝播する固体音対策は、制振材や振動絶縁材を併用しないと効果が出ません。
*ピアノの振動音対策も同様です。

防音職人では、固体音を軽減・吸収する制振材および高比重の遮音材の組合せを推奨しています。

防音材を購入する場合は、どういう音を遮音するのか出来る限り詳しい情報をご提供ください。

効果的な組み合わせをアドバイスして、防音材をご提示します。
相談・問合せページ
🎤📖
posted by 防音職人 at 08:23| Comment(0) | 床のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。