2018年11月28日

マンションGL壁とアップライトピアノ

当ブログにおいて、再三、アップライトピアノのDIY防音について投稿してきました。

ピアノは共通して床の対策が重要ですが、アップライトピアノは音が強く出るのが背面と床面です。

このため、マンションのGL壁を背にして壁際にアップライトピアノを置いて演奏すると、床だけでなく壁面から大幅に音漏れして、階下だけでなく、他の隣接世帯に響きます。

この壁からの音漏れを軽減するには、手作りの吸音パネルが効果的です。

概ね畳サイズ(910×1820)の吸音パネルを2枚作り、背面に挟んだり立てかけます。これで音漏れが半減します。
*床の防音対策は他の記事を参考にしてください。

では、手作りの吸音パネルの作り方を説明します。
・制振フェルト6ミリ(950×1850)を910×1820のサイズにハサミなどでカットします。
・これに吸音ウール50ミリ(455×910)を4枚分、木工ボンドで貼ります。
・できた吸音パネル厚さ56ミリをピアノの背面などに配置して完了です。

制振フェルトと吸音ウールの費用は、東京・神奈川ですと概算で次のようになります。
・制振フェルト6ミリは5枚セット:5枚×2200=11,000円 ※送料(消費税8%):2160円
・吸音ウール50ミリは10枚セット:9,800円 ※送料(消費税8%):約1730円
合計:24,690円

余った吸音ウールや制振フェルトは適当に重ねてピアノのそばに立てかけてください。音響調整に使えます。
*制振フェルトは床の振動軽減にも使えます。

以上の対策は、既製品の吸音パネルよりも安く済みます。
posted by 防音職人 at 17:00| Comment(0) | 楽器のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。