2015年03月18日

壁などDIY対策としての吸音材

 先日、あるプロの声楽家(ソプラノ歌手)のDIY防音対策のご相談を受けました。このかたは以前、ボックスタイプの防音室を使用して体調を崩されたそうです。
 おそらく、防音室の組み立て施工に際して、内部のグラスウールや接着剤から揮発する成分に反応されたようです。しかも、その防音室は音響がよくなく、音漏れもするとのことでした。

 そこで、ご自宅のマンションの一部屋について、練習室として主に日中に使用することを目的として、ご自身で防音材を活用して対策を行いたいという相談でした。

 今までの経緯を踏まえて、安全性の高い「ポリエチレンウール、フェルト」を主体にした吸音対策をご提案しました。自分でハサミで比較的簡単にカットできるうえに、粉塵が出なく、チクチクもしない肌触りの良い素材です。これならば、小さなお子さんが部屋に入っても安心です。

 楽器も使用されるので、周波数特性の異なる2種類の吸音材をご提案しました。防音職人では、ポリエチレンウール・フェルトは、ネット上において廉価で納品できるように努力しています。ほかの業者と比べてみてください。
防音材のページ


posted by 防音職人 at 15:33| Comment(0) | 楽器のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント