2013年04月29日

防音カーペットと床の防音材

 防音職人への相談(マンション、木造住宅)の中で比較的多い対策として、床の振動音(足音など)があります。
 防音カーペットを敷いたが効果がないという相談ですが、これは効果がないのではなく体感できるほど騒音が軽減されていない、振動音の主成分である周波数帯の騒音が防音カーペットとマッチしていないことが要因です。

 補強対策としては、カーペットよりも圧力(足の踏み込み、落下物の衝撃)に対してクッション性と復元性(押されても元の状態に戻ろうとする性質)に富んだ制振材が必要です。
*防音職人が扱っている制振フェルトは、復元性と耐久性に優れ、遮音ゴムやカーペットでは軽減できない音を絶縁したり、吸収したりします。相乗効果が期待できます。

 防音カーペットを生かすには、遮音ゴムマットだけでなく、制振フェルト(高密度なポリエチレン繊維のマット)を併用すると防音効果が大幅にアップして体感できます。


posted by 防音職人 at 08:15| Comment(0) | 床のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。