2019年08月02日

制振材と既製品でDIY床防音

ピアノ床防音対策で、既製品の弱点は制振材です。

すでに購入された遮音ゴムマット(防音ゴムマット)に補足(補強)するとすれば、制振フェルト6ミリが最適です。

余ったフェルトは吸音ウールと貼り合せて、アップライトピアノの背中側に挟んで設置すると吸音パネルになります。

床に敷く順番は制振フェルト6ミリ→遮音ゴムマット(市販品)→カーペット(防音カーペット)になります。

ちなみに、2019年8月時点での制振フェルト、吸音ウールを東京都・神奈川県・静岡県・愛知県に納品した場合の概算は次の通りです。
・制振フェルト6ミリ(950×1850)5枚セット:5×2200=11,000円(税込み)
 *送料:2,480円(税込み)
・吸音ウール50ミリ(455×910、10枚入り)1袋:10,100円(税込み、送料込み)
以上の合計は23,580円になります。

既製品の吸音パネルの費用を考えると費用対効果は良いと思います。

2019年9月までの納品であれば、金額は変わらないと思いますが、9月は駆け込み注文が多く、すでに契約現場の注文品が全部9月に集中する予定であり、9月の初旬には発注になります。

みなさん、少しでも値上がり分を避けたいという気持ちになります。
それに10月からは全て価格改訂される予定です。ご自宅や倉庫に保管できる人は早目に確保したほうが良いでしょう。🎤📖
posted by 防音職人 at 09:10| Comment(0) | 床のDIY防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする