2019年07月25日

最近の防音材の種類と特徴

現在の最新の防音材は、合成樹脂、アスファルト基材、ブチルゴム素材、ウレタン素材、ポリエチレン繊維(PETウール再生材)です。
このなかで費用対効果の優れている製品が、受注生産品として専門メーカーで生産されています。
*ブチルゴム製品は単価が高く、施工性の面でやや難があるため、建築現場では余り使用されていません。
*遮音ゴムマットの主流は合成樹脂です。耐久性も優れています。
*アスファルト遮音材は元々土木の世界で開発された製品ですが、遮音性・制振性に優れており、防音室での使用が増えています。
*ポリエチレン(ポリエステル)繊維はウール状のものから高密度フェルト状のものまで、密度・厚さなど多様な製品が増えています。耐久性と吸音性に優れており、安定した性能が長期間保持されます。

これらの製品は実は施工要領というものがメーカーにおいて殆ど用意されていない。使用する専門業者は元々防音設計・施工のプロのため、自社で施工要領や設計仕様を開発し、現場で施工しています。
*要するに施工要領は企業秘密なのです。
このため、見よう見まねで後発の製品を現場で使用すると、せっかくの製品がもつ性能を活かしきれないということになります。

現場での防音工事は職人によるアナログ的な施工です。施工要領にそって現場で手づくりで施工します。このアナログ技術が遮音性能の効果を保証するものであり、欠損を小さくします。

DIYでも同じことです。施工要領を間違えれば防音効果は下ります。逆に正しい施工要領で施工すれば、DIYであっても普通の防音工事に負けない効果を出すことができます。
*参考:防音材の特性
📖🎤
posted by 防音職人 at 08:28| Comment(0) | 防音材の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

遮音シート2.4ミリの件

相談者よりご質問が多い、アスファルト遮音シート2.4ミリ(910×2400、巻物)ですが、詳細は次のページをご覧ください。
*製品ページ:遮音シート・遮音マット

主に壁と床に使用する防音材です。※天井は軸組補強をしないと重量的に無理ですので、工務店・大工職人にご相談ください。

ご質問の中で、2か所通販サイトで類似品を見つけましたと言われましたが、類似品ではなく同じ製品だと思います。
*その2社の通販サイトは裏事情がありまして、防音職人のコンテンツを無断流用していたことから発覚しました。

アスファルト遮音シート2.4ミリは防音職人の2倍の価格で販売されています。
*アスファルト制振マット4ミリは1.5倍の価格です。

メーカーとの取引価格は事業者によって少し差がありますが、私の場合はメーカー担当者に品番を公表しないように要望されています。
それは私の本業は防音設計ですので、専門分野の畑が違います。

価格も問題ですが、重要なのは防音設計仕様と施工要領です。それによって防音材の効果に差が出ます。
*DIYでも同様です。
posted by 防音職人 at 10:34| Comment(0) | 防音材の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする