2019年01月17日

防音理論と防音材の活用

仕事場の防音相談で、防音室や楽器DIY防音で、実際の製品に触りながら理論的に説明するのですが、半分程度の人しか理解できないようです。

でも、DIY対策に関しては既製品よりも安いので、仕事場にお出でになったかたは大半が注文されます。

防音室に関しては、他の専門業者との理論的な違いがあるようで、半信半疑になられます。
*他の専門業者の防音壁が半分以下の厚さで構築できることを理解してもらうには、無駄に分厚い仕様のどこがだめなのかを一から説明しなければなりません。

主にどこが違うのかと言うと、「素材の周波数特性」「コインシデンス」「相乗効果」「吸音材」「床の構造」「既存の空洞部の活用」など色々です。これらを全部説明すると、日が暮れてしまい、相談者も疲れてきて、最後には結論だけください。ということになります。

理解力は個人差が大きく、必ずしも正しい理論が相談者の心をとらえるわけではないです。
口のうまい営業マンのほうが契約率が高いのが、典型例かと思います。

また、実際の防音材を触りながら説明をする専門業者は少ないと言われました。この点はかなり重要な点です。
posted by 防音職人 at 07:22| Comment(0) | 防音材の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

一部の防音材送料が高騰しました

遮音ゴムマット3ミリの送料が高騰しましたので、ピアノ防音対策の仕様を一部変更したいと思います。

今まで、制振フェルト6ミリ+遮音ゴムマット3ミリ2重敷きをDIY防振台の基本仕様にしていましたが、今後はアスファルトシート2.4ミリを組み合わせたいと思います。

実験的に防音効果を試したいユーザーのかたには、送料を特別に安くしますので、ぜひチャレンジしてください。

制振フェルト6ミリ+アスファルトシート2.4ミリ2重敷き+タイルカーペット6ミリ

東京23区内、静岡・愛知方面で送料が安くなります。以下、税込み特別価格です。(2019年1月現在)
・制振フェルト6ミリ(950×1850)→5枚セット:11000円
 *送料:2480円
・高比重アスファルトシート2.4ミリ(910×2400、巻物:1巻約18kg)→2巻:10000円 ※柔軟性があるので余った端材も重ねて利用できます。カッターナイフでカットします。
 *送料:1900円
合計:25,380円になります。

DIY作業は無料でアドバイスします。※東京方面のかたは無料相談に対応します。
posted by 防音職人 at 12:55| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする